• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎給付金を受け取るまで

もくじ

  1. B型肝炎給付金を受け取るまで
  2. 死亡してしまったケースのB型肝炎給付金の内容
  3. B型肝炎給付金は必要書類を集める必要があります
  4. 20年目を境に大きく差がでるB型肝炎給付金
  5. B型肝炎給付金について疑問がある時には
  6. 母子手帳がなくてもB型肝炎給付金を請求できる?
  7. B型肝炎に感染した方が知っておくこと
  8. 必要性を訴えるB型肝炎給付金

B型肝炎給付金を受け取るまで

B型肝炎給付金を受け取る迄の流れを説明します。

まずは自分がB型肝炎給付金を受け取ることができる対象者であることを確認します。こちらは医療系ホームページなどで確認できるのでさっと見るにはピッタリです。そこではっきりとわかったら、病院へ行って様々な診断書や、検査結果を出してもらいます。(裁判の際に提出が必要になってくるので)その後裁判所で訴訟になり、和解が成立したらそこから振り込み等の手続きに入ります。

訴訟から和解までが大体1年ほど、和解が成立してから実施に振り込まれるまでは約2週間と言われています。

死亡してしまったケースのB型肝炎給付金の内容

B型肝炎給付金については、B型肝炎訴訟で認められた人だけが受け取れる給付金になります。給付金の内容については症状によって変わってきます。死亡してしまったケースで3600万円が最大とされています。この様なケースにおいて遺族の悲しみは深いと思いますが、何もしないままで終わってしまうと、この様な給付金すら支払われない状態になりますので、該当と思われる場合においては訴訟を起こすことです。

必要な弁護士においては、インターネットで綿密にリサーチし、その人に依頼をするべきです。また、できるだけB型肝炎訴訟の経験がある弁護士を探す方が効果的でしょう。

B型肝炎給付金は必要書類を集める必要があります

B型肝炎給付金の対象者は、集団予防接種などで注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに持続感染してしまった方、B型肝炎ウイルスに持続感染してしまったお母さんから母子感染した方、それらの相続人の方が対象者となります。

B型肝炎給付金を受け取るに、は対象者であると証拠書類を集める必要があります。証拠書類はなかなか全て集めるのは難しいので、代替え案なども採用されています。弁護士と相談をして、必要書類を集めて給付金を受け取るようにしてください。

受け取るには期限がありますので、早めに行動を起こし受け取るようにしてください。

20年目を境に大きく差がでるB型肝炎給付金

B型肝炎訴訟で、どの程度の給付金が見込めるのでしょうか。感染していてもまだ発症していないキャリアで、感染してから20年経過していなければ600万円ですが、20年を経過していれば50万と検査費用が加算されます。また発症し肝炎に移行した場合、発症後20年経過していなければ1250万円ですが、20年経過し治療中であれば300万円、治療してなければ150万円と同じ慢性肝炎でも経過年数と治療のあるなしでは、大きな開きがありますから早めの訴訟手続きが必要となります。

現在B型肝炎給付金について、国や弁護士サイトでも詳しく掲載されていますから、気になる方は確認しておくと良いでしょう。

B型肝炎給付金について疑問がある時には

訴訟も上手くいって、片付いたら後は和解の手続きをして、給付金をもらうための手続きをするだけです。

この時に疑問点があった場合にはそのままにしないで、厚生労働省が行う社会保険診療報酬支払基金の給付金等支給相談窓口に連絡してみてください。こちらは訴訟が完了し、和解や調停まで済んでいる案件に対して対応してくれる窓口で、書類の書き方などがわからない時にはこちらへ相談すると親切に教えてくれます。

平日の5時まで電話相談を受け付けているので仕事の合間や休憩時間にさっと電話をかけて相談することが可能です。ちなみにB型肝炎給付金の振り込みもこちらの機関が対応してくれます。

母子手帳がなくてもB型肝炎給付金を請求できる?

もし母子手帳がないという人でもB型肝炎給付金をもらう事はできるのでしょうか?

母子手帳は自分がB型肝炎に集団感染したということを証明するための重要な書類になってきます。
しかし万が一母子手帳がないという人でも諦めてはいけません。
万が一母子手帳がない人には市町村で別途管理している予防接種台帳というものが代わりに、集団感染したことを証明してくれる冊子になります。ただしこちらは市町村によって保管してある地域と、保管を全くしていない地域がありますので、まずは市役所にいって取り寄せることができるのかどうかを確認することが大切です。

B型肝炎に感染した方が知っておくこと

現代ほど細心の注意が払われていなかった昭和の頃では、集団予防接種を行っていた時に使用された注射器が使い回されていたという情報があります。

そのせいでB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は多く、親子でも遺伝などで移ってしまうので対処が困難です。そこで裁判などでB型肝炎訴訟を起こすと国は給付金を出してくれます。

もともと国策で実施していたことなので、しっかりとB型肝炎給付金を受け取れる場合が多いです。

B型肝炎にかかっている方は、特に目立った症状が現れないので気づきにくいものですが、両親が感染していたり、過去に予防接種を受けた経験がある方は一度調べてみると良いでしょう。

必要性を訴えるB型肝炎給付金

乳幼児期に受けた集団予防接種が原因となって、B型肝炎ウィルスに感染した人々が国を相手に訴訟を起こすことで得られる給付金制度が、B型肝炎給付金です。

感染には一次感染と二次感染があり、母子感染により被害者もいます。ウィルス検査の実施を呼びかけるなどの情報公開を国が進めていますが、想定数を下回っている状態です。

理由は様々なことがありますが、認知度が低い、差別偏見への不安要素、制度を利用するまでの難しさがあると思います。このため、自分が対象となっているのか不安な方は、各行政などの無料相談や、弁護士事務所の無料相談を受けてみることをおすすめします。

B型肝炎に関する記事

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎訴訟 弁護士 肝炎給付金 B型肝炎 訴訟費用

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。

ページトップ