• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 肝炎給付金 B型肝炎給付金を受け取るために大阪の弁護士に依頼

目次

  1. B型肝炎給付金を受け取るために大阪の弁護士に依頼
  2. 肝炎訴訟を経験している弁護士とB型肝炎給付金
  3. B型肝炎給付金の3つの期限について
  4. B型肝炎給付金は簡単に受給することが出来ます
  5. 自分も対象者かもしれないB型肝炎給付金
  6. 裁判での和解する流れとB型肝炎給付金請求
  7. 無料でB型肝炎給付金について弁護士会に相談
  8. 秘密厳守となる弁護士会へのB型肝炎給付金の相談
  9. ぜひ弁護団に相談したいB型肝炎訴訟
  10. 後払いが可能なB型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続き

B型肝炎給付金を受け取るために大阪の弁護士に依頼

B型肝炎給付金を受け取るためには訴訟を起こすことが必要なのですが、それらを全て自分で行うとなると精神的にも、肉体的にもかなりの負担がかかることになります。そういった場合には大阪の弁護士や法律事務所に依頼してみませんか?

大阪の弁護士に依頼する際には基本的には着手金というものがかかってくるのですが(契約金みたいなもので、その案件の成功に関わらず支払いが発生する料金のこと)、B型肝炎訴訟の依頼の場合には着手金も、相談料も0円という所が多いようです。(国から後から支給されることが多いので割と他の依頼に比べると安い費用であることが多いのです)

B型肝炎給付金の受給について

肝炎訴訟を経験している弁護士とB型肝炎給付金

B型肝炎訴訟を起こし、その結果認められた人にはB型肝炎給付金が支給されます。

B型肝炎給付金については期限が定められていますので、その期限は絶対守らなければいけません。また、自分で訴訟をおこなう事も可能ですが、失敗やトラブルの元にもなってしまう可能性も考えておきましょう。できることであれば弁護士に依頼を行うことです。

給付金の中には弁護士費用も入っていますので、依頼しないと給付金自体の金額も減ってしまう事にもなります。この様な注意点をしっかりと踏まえて、B型肝炎訴訟を経験している弁護士に依頼してみる事です。

B型肝炎に関する記事

B型肝炎給付金の3つの期限について

B型肝炎については実は3つの期限があります。

一つ目においてはB型肝炎給付金自体の期限になります。この期限をすぎてしまった場合には請求しても、給付金がもらえなくなりますので注意が必要となります。

二つ目は追加給付金の期限です。B型肝炎給付金を受け取ってから、症状が悪化してしまうようなケースにおいて、追加で給付金を受け取れることもあります。

そして三つ目は定期検査費用の期限もあり、検査を実施した日から5年以内と言われています。このような非常に細かいルールがありますので、裁判所に行く前に専門の弁護士に依頼しておくかどうか、考えてみることをおすすめします。

B型肝炎給付金は簡単に受給することが出来ます

B型肝炎給付金は、1次感染者または2次感染者、もしくはその相続人に受給資格があります。

給付金を受け取るには、さまざまな要件を満たしている必要がありますが、それを証明するために役所へ出向いて書類をもらわないといけないので、労力と時間が必要になるため請求をしていない方も多いようです。そんな時に便利なのが弁護士です。

弁護士に依頼をすれば、面倒な手続きもすべて代理で申請を行ってくれます。成功報酬制としている弁護士事務がほとんどなので、初期費用も掛からないので該当者は弁護士に依頼をしてB型肝炎給付金を受け取るようにしてみてはいかがでしょうか。

自分も対象者かもしれないB型肝炎給付金

現在国ではB型肝炎給付金をおこなっていますが、実際給付金を受け取っている人はごくわずかです。

この背景には、この制度が良く認知されていないことと、自分が対象者であることに気づいていないことがあげられます。昭和63年まで集団予防接種をうけた経験がある人であれば、使い回しの注射でB型肝炎に感染していたとしても不思議ではありません。

ですがB型肝炎に感染されていたとしても、まだ発症していないケースがありますから、自分が感染していることすら気づけずにいる場合があります。人によっては20年以上放置したままで、突然症状が進行してしまう恐ろしい病でもあります。この制度には期限がありますから早めの検査が必要です。

裁判での和解する流れとB型肝炎給付金請求

B型肝炎給付金請求をおこなっていく為には、国に対しての訴訟をおこすこととなり、和解をするなどの手続が必要とされてきます。

基本的には判決を争うのではなく、国との間で定められた基本合意書で決められている救済策を実施するにあたり、対象者本人が条件に当てはまるかどうかを確認し、和解する流れとなりますので、一般的な訴訟と比較すると負担は少ないとされています。

しかし裁判をおこなったことがない人には、裁判の処理などがむずかしいとされていますので、このような際には専門の弁護士にB型肝炎給付金請求についての相談を行い、処理の依頼をしていくことです。

無料でB型肝炎給付金について弁護士会に相談

一部有料となる事もありますが、B型肝炎給付金について弁護士会に相談する際には無料で対応してもらえる事もあります。

B型肝炎給付金について弁護士会に相談する事をためらっている人がいれば、B型肝炎給付金について弁護士会による無料の相談を利用すると、気軽に話を聞いてもらう事ができます。

また、無料でB型肝炎給付金について弁護士会に相談しただけですべて完結する分けではありませんが、きっと相談者にとってプラスとなるでしょう。

B型肝炎給付金について無料相談を行っているのは弁護士会の他にも法律事務所や弁護士が行っている事もあります。法律家と気軽に話ができるチャンスと言えます。

秘密厳守となる弁護士会へのB型肝炎給付金の相談

不安に感じる人もいる様ですが、弁護士会へのB型肝炎給付金の相談は安心して行う事ができます。

弁護士会へのB型肝炎給付金の相談内容というのは、守秘義務がありますので、外部に漏えいする事はありません。

弁護士会へのB型肝炎給付金の相談をした際には、その内容が、他の人に知られる事はありませんので、安心して相談する事ができます。

弁護士会へのB型肝炎給付金の相談だけではなく、法律事務所に相談した際にも、その内容は守られます。

弁護士会や法律事務所にB型肝炎給付金の相談を行う際には気軽に行う事ができます。救済の対象となっている人で、まだ対応していない人は、早期に行いましょう。

ぜひ弁護団に相談したいB型肝炎訴訟

まだB型肝炎訴訟の手続きができていないという時は、弁護団を選んで早期に相談を終えましょう。B型肝炎訴訟の事で弁護団に相談すると、着手金や相談料なしで対応してくれる事が多いそうです。

その場合、弁護団にB型肝炎訴訟の事で相談すると、先に支払うべき費用はありません。B型肝炎訴訟で給付金を受け取る事ができると、法律費用や必要な費用を引いた金額を弁護団から受け取る事になります。

ですので、法律費用が気になっている人もいる様ですが、弁護団へのB型肝炎訴訟の相談については、費用について必要以上に心配する必要はありません。費用の詳細について不明な点は質問し確認する事ができます。

後払いが可能なB型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続き

書類を記入して提出するだけではなく、証拠となる資料収集が必要になりますので、B型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続きは自分で行わずに法律家に依頼する人が多い様です。

弁護士がB型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続きを代行している事もあります。B型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続きを弁護士に相談する際には、支払いが発生します。

B型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続きに取り掛かる前に支払いが発生するとなれば、すぐに対応できないという人もいます。

そのため、B型肝炎の訴訟で必要となる費用の手続きについては、後払いを可能としている弁護士も多い様ですので、ぜひ法律相談を受けましょう。

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎訴訟 弁護士 肝炎給付金 B型肝炎 訴訟費用

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。

ページトップ