• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 弁護士 B型肝炎 訴訟費用 B型肝炎訴訟 ガイドラインについて

目次

  1. B型肝炎訴訟 ガイドラインについて
  2. B型肝炎訴訟はB型肝炎ウイルス感染の証明が必要
  3. B型肝炎訴訟で給付金を受け取るための検査
  4. B型肝炎訴訟の流れはある程度決まっている
  5. B型肝炎訴訟の始まりと和解協議
  6. B型肝炎訴訟へは弁護士が必要
  7. B型肝炎訴訟は早く起こすようにしてください
  8. 証拠がなくても弁護士会に相談するB型肝炎訴訟
  9. B型肝炎給付金の受け取りにおける弁護団へ支払う費用
  10. B型肝炎給付金などの情報交換を行う弁護団

B型肝炎訴訟 ガイドラインについて

健康でありたいという願いは、おそらくいかなる時代においても人類共通の願望であるといえます。

しかし、その健康というものはちょっとした環境の変化や、もしくは不慮の事故などによって簡単に損なわれてしまいます。そうした願わずとも、しかもシステムのミスによって生まれた健康被害としてB型肝炎は有名な事例であるといえます。

このB型肝炎に関する健康被害は訴訟を行うことによって救済を請求することができます。

ガイドラインに基づけば、厚生労働省からのB型肝炎給付金を受けることができるので一応の治療費として生活を支えてくれます。

B型肝炎給付金の受給について

B型肝炎訴訟はB型肝炎ウイルス感染の証明が必要

B型肝炎訴訟で給付金を獲得するためには、集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスに感染しているか、一次感染者である母親から、母子感染によって集団予防接種などで、B型感染ウイルスに持続感染したことを証明する必要があります。

ただ、B型肝炎訴訟で感染を証明するには、事実を証明する必要があり、自身でB型肝炎給付金を請求する場合は、専門用語などもあり、すこしわかりにくい部分もあります。

そういった場合には、B型肝炎訴訟の専門家である弁護士に依頼した方が、作成困難な裁判所に提出する書面作成や、裁判所への出頭などを行ってもらうことができるので、メリットが大きいといえます。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るための検査

B型肝炎訴訟とは、昭和23年から昭和63年にかけて注射器が使い回された集団予防接種などにより、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちが起こした訴訟です。

国との合意により、感染が認められた人には給付金が支給されます。B型肝炎訴訟の対象となるのは、7歳までに集団予防接種などで感染した人と、母子感染した人やこれらの人々の相続人です。

B型肝炎かどうかは、血液検査で判明します。感染経路の推定やウイルスの遺伝子型も調べます。

給付金を受け取るためには集団予防接種などで感染したことを証明する必要があるので注意が必要です。

B型肝炎訴訟の流れはある程度決まっている

他の一般的な民事訴訟と違い、B型肝炎訴訟の流れはある程度決まっています。

集団予防接種によって感染したこと、またはそうした原因で感染した母親から感染したことが書面で示せれば、本人訴訟でもかまいませんから国を相手にB型肝炎訴訟を起こします。

裁判所で、その被害者が揃えた書類によって、集団予防接種で感染したことが明らかであると認められたら、国は和解に応じます。和解金の基準はすでに決まっていて、その基準に基づいて支払われます。書類がそろっているかどうかということを確認するための裁判となりますので、書類が肝心となります。

B型肝炎訴訟の始まりと和解協議

B型肝炎訴訟のはじまりは、5人の感染者が国に対して訴訟を起こしたことが始まりでした。18年の月日が経ち、非常に困難だった道のりが想像されます。

最初の戦いでは国に勝訴が上がりましたが、それでも戦い続けついには国に勝訴することができました。このような5人の動きを見た全国の感染者たちは、立ち上がり次々と訴訟をして今日の和解協議に至りました。この5人の動きがなかったら、現在のような結果になっていなかったかも知れません。

B型肝炎訴訟についてはさまざまな噂などもありますので、まずは専門の弁護士に無料相談をおこない、必要であれば給付金を受け取る準備をおこなうことです。

B型肝炎訴訟へは弁護士が必要

個人で考えても、B型肝炎訴訟というだけで結構大変なこともわかります。何とかして終わらせたい、自分に起きたことを認めてもらいたいなら、まず弁護士に相談してください。相談だけで結構解決することもありますので、話をして対応してもらうのです。

弁護士は訴訟に向けて準備を進め、他に一緒に行う人がいないか確認します。合同で訴訟を起こす方法も有効とされ、B型肝炎訴訟では多く行われています。

こうして訴訟を起こせるようになれば、後は裁判で勝つだけです。弁護士の人がいれば、ある程度の話は対応してくれますので、勝つことを祈っているだけで大丈夫です。

B型肝炎訴訟は早く起こすようにしてください

B型肝炎訴訟では、和解期限が設けられています。対象者かどうかを調べるのに、数日間かかりますし対象者だとしても訴訟を起こすまでに、相当数の時間を要します。必要書類がすぐに集まるかは、分からないですし、ほとんどの方がなかなか集まらず、大変な思いをすることになると思います。

時間が無ければ時間切れということもあり得ますので、1日でも早く弁護士に相談をして対象者であれば、すぐにB型肝炎訴訟を起こす準備をしてください。

和解期限が延長されることもあるかもしれませんが、無かった場合に無効となってしまうので、急いで訴訟を起こすようにしてください。

証拠がなくても弁護士会に相談するB型肝炎訴訟

可能であれば、B型肝炎訴訟について弁護士会に相談したいと思っていても、証拠が見つからないという事もあるでしょう。

随分前の事ですので、証拠がない人もいます。しかし、証拠を見つける事ができなくても、B型肝炎訴訟の事で弁護士会に相談する事も可能です。

証拠がない状態でB型肝炎訴訟の相談を弁護士会に行う事で、最終的にB型肝炎給付金の受け取りが実現できたというケースもある様です。

ですので、証拠の有無に関わらず、まずは気軽にB型肝炎訴訟について弁護士会に相談する事をおすすめします。

B型肝炎訴訟の事で、弁護士会への相談を終えると、法律家と共に給付金の受け取りを目指す事ができ、心強いでしょう。

B型肝炎給付金の受け取りにおける弁護団へ支払う費用

報酬としてB型肝炎給付金の相談を弁護団に行ったなら支払いを行う必要があります。しかし、B型肝炎給付金の手続きを弁護団に依頼した場合、全額を自分で負担する必要はありません。

B型肝炎給付金の受け取りにおける弁護団に支払う費用の一部は国が負担してくれます。そうすると、相談しやすくなるでしょう。

更にB型肝炎給付金の相談を行う弁護団では、最初に支払うべき着手金は必要ないとしている人もいます。

また、受け取る事ができたB型肝炎給付金の金額に応じて弁護団に支払う費用は異なりますので、安心でしょう。

ただ単に調査を行うのみであれば、費用は不要としている人も多く、気軽に相談できます。

B型肝炎給付金などの情報交換を行う弁護団

実は、B型肝炎給付金の相談を受け付けている弁護団にはたくさんの弁護士が所属しています。弁護団に所属しているとB型肝炎給付金の相談を受ける機会は多いと思われますが、弁護士により知識や情報に差が出る事がない様に工夫が行われています。

B型肝炎給付金の相談を受ける弁護団では、所属している弁護士同士で情報交換が積極的に行われているそうです。

そのため、弁護団は、B型肝炎給付金の受け取り手続きを代行してくれるだけではなく、被害者の救済のために、他にもあらゆる活動を行っています。

そのため、弁護団にB型肝炎給付金について相談すると、その知識を活かして対応を行ってくれるでしょう。

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎訴訟 弁護士 肝炎給付金 B型肝炎 訴訟費用

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。

ページトップ