• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎給付金請求は一度とは限らない

目次

  1. B型肝炎給付金請求は一度とは限らない
  2. B型肝炎給付金請求のCMが増えている
  3. B型肝炎給付金は思った以上に対象者は多い
  4. B型肝炎給付金請求の前に弁護士を探す
  5. B型肝炎給付金に含まれている弁護士費用

B型肝炎給付金請求は一度とは限らない

B型肝炎給付金請求というのは一度行ってすべてが解決するとは限りません。そのパターンとしては想定よりも少ない金額に査定された場合、そして、B型肝炎給付金が貰えなかった場合などが考えられます。

B型肝炎給付金請求を行うための資料が提出できなったため、認定されずに、B型肝炎給付金が貰えないという場合は別の弁護士事務所に相談するといいかもしれません。

それは、どうしても提出できない資料の代わりになる資料を提出することで集団予防接種によるB型肝炎感染と認定してくれることがあるのです。

そのような事例を多く持っている弁護士事務所に相談するといいでしょう。大阪には弁護士法人みお綜合法律事務所というのがあります。

B型肝炎給付金請求のCMが増えている

新型コロナウイルス慣れで世の中が少しづつ変わってきました。TVのCMにおいて一度減っていたB型肝炎給付金請求のCMが増えています。それは、B型肝炎給付金請求の期限が延長されたこととも関係がありますが、それよりも世の中が新型コロナウイルス以外のことにも目を向ける余裕ができたということかもしれません。

B型肝炎給付金請求の期限が延長になったのは国の想定よりも請求件数が少なかったことと、新型コロナウイルスの影響でB型肝炎給付金請求ができなかった人がいるのではないか?ということだろう。

再度のB型肝炎給付金請求の期限の再延長はない可能性もあるので、もしかしたらという方は弁護士に相談するのもいいかもしれません。

集団予防接種によるB型肝炎給付金の対象者はもっといるはずと国は想定しています。国は「給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。」としています。

具体的な数字で言うと110~140万人存在すると推計しているのです。まだ、まだいるということなのです。もしかしたらという方は一度その可能性を疑ってみてください。親が集団予防接種によるB型肝炎になっていたというのがあるかもしれませんよ。

B型肝炎給付金請求の前に弁護士を探す

B型肝炎給付金請求をすると決めたらまずはどの弁護士に依頼するのか?ということでその後の手続きのスムーズさが代わります。B型肝炎給付金請求になれた弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

弁護士でもいろいろな方がいて、B型肝炎給付金請求を多く扱っている方なら慣れているので手順もスムーズに進みます。また、B型肝炎給付金請求でも一度うまくいかなった方や他の弁護士事務所では断られたような場合は、B型肝炎給付金請求に長けた弁護士を利用しましょう。

多くの弁護士事務所サイトをみると実績がかかれているのでそれを参考に弁護士事務所を選定するといいでしょう。他の弁護士事務所で断られた場合でも受けつけているところを探すというのもいいでしょう。

B型肝炎給付金に含まれている弁護士費用

B型肝炎給付金の受け取りには期限があることが公表されているため、心あたりがある人については、この期限内に訴訟を起こすことをおすすめします。

また、個人で訴訟を起こすことも可能ではあるのですが、必要となる書類を集めるのが大変なことと、給付金には弁護士費用も含まれていて、個人でおこなう場合にも差し引かれてしまうなど、多くの時間や不利になることもあります。そのうえ、書類などの作成で失敗してしまうと、初めからおこなわなければいけなくなってしまいます。そのような点を踏まえてどのようにすべきか考えていくことです。

B型肝炎に関する記事

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。

ページトップ